船舶免許は言葉だけだと特殊な物に聞こえます。どう取得できるものなのでしょうか。

では船舶免許はいったいどのようにして取得するものなのか。

ではどうやって取得するものなのか

ではこの船舶免許いったいどういった行程、手順を踏んで初めて取得できるものなのでしょうか。
資格の特性上、非常にハードルが高く、内容的なものも非常に濃いものではないかと思われます。
資格取得には国家試験があり、全部で4つの免許が存在します。どれも数日という期日でそれぞれ身体検査、講習、実技講習、国家試験を受け合格したものが始めて資格免許を取得できます。
内容は学科講習、実技講習、国家試験に分かれており内容も非常に濃く厳しいものとなっているようです。
このように厳しい行程を経て始めて国家資格として免許を手にすることができるのです。
体当たりで挑んでも合格は難しいため、事前準備をしっかり行った上で挑戦することをおすすめします。

教習所や学校に入らないといけないのか

そして資格取得のためには自動車運転免許のように教習所や学校に入学し、通学しなければならないのでしょうか。
船舶免許の場合は資格取得のために国土交通省に登録されている小型船舶教習所に入校し、やはり通学教習を受け、資格試験を受けるといった形が一般的なようです。
これにはやはり資金がある程度かかり、スクール講習料と国家試験手数料を支払う必要が出てきます。
あとは免許スクールや登録小型船舶教習所に通うことなく独学で勉強し、国家試験を受験する方法があります。
独学は決してできないことはありませんが、比率でいうと教習所に通う比率のほうが高いようです。
そして国家試験を突破したものだけに船舶免許は手渡されることになるのです。
皆さんも取得に夢を描いた方は以上の事項を十分確認し、免許を取得、大海原へ乗り出してみましょう。


この記事をシェアする