船舶免許は言葉だけだと特殊な物に聞こえます。どう取得できるものなのでしょうか。

船舶免許とはいったいどうやって取るものなのか

船舶免許とはいったいどういうもの

我々にはいまや無くてはならない乗り物となっている船舶ですが、いったいどのような方々が操縦して運航しているのでしょうか。
もちろん、誰でも簡単に乗船して操縦ができるものはありません。
立派な資格取得が必要不可欠です、資格を取得して初めて操縦ができ、船舶を運航することができるようになります。
これを船舶免許といいます。
一般的解釈ではこれは国家資格で1級小型船舶操縦、2級小型船舶操縦、特殊小型船舶操縦と大まかに分かれており、それぞれで操縦できる船舶が異なります。
これを取得していないと船舶を操縦することはできず、航海をすることはできません。
非常に大事な資格なのです。
夢の船舶運転の前に必須となるこの資格、果たしてどのような理由で取得されるのでしょうか。

どんな理由で取得をするものなのか

そしてその船舶免許とはどのような理由で取得をするものなのでしょうか。
まず漁師や航海士など船舶を操縦することを仕事にしている方が上げられると思います。
とにもかくにも皆さんこれが無いと仕事にならないですね。
あとはボート、水上バイク、ヨット、小型船舶などをレジャーや趣味の目的で操縦したい人たちの部類です。
これは目的としては個人の部類に入りますが、このような場合でも免許を取得しないと船舶の操縦はできません。
この目的にはダイビング、釣り、乗船を楽しむといったことやスポーツ的要素も入ってきますね。
このように職務であってもレジャー、趣味であっても船舶を操縦するためには免許資格は絶対に取らなければいけないものなのです。


この記事をシェアする